加齢によるエストロゲン分泌の減少

加齢により、エストロゲンの分泌がどんどん減少し、抜け毛につながります。

それでは、なぜ、年齢を重ねるとともに、エストロゲンの分泌が減少してしまうのでしょうか。

それは、卵巣と脳の伝達機能が深く関係してきます。

エストロゲンの分泌には脳と卵巣に関係が

エストロゲンの分泌は、脳の視床下部で管理されており、視床下部からエストロゲンの分泌を命令します。

この命令が、卵巣へ伝達され、卵巣からエストロゲンが分泌されます。

20代から30代にかけては、卵巣の機能が衰えていないため、必要量のエストロゲンが卵巣から分泌されます。

しかし、40代、50代に差し掛かるにつれ、卵巣の機能が徐々に低下していきます。

それでも、エストロゲンは視床下部で管理されているので、卵巣へエストロゲンの分泌を促しますが、卵巣機能が低下しているため、必要量のエストロゲンが分泌されず、どんどんエストロゲンの分泌が減少します。

これが、加齢によるエストロゲンの分泌が減少するメカニズムになり、抜け毛につながります。

エストロゲンの分泌が減少すると更年期障害へ

加齢とともに卵巣の機能が低下し、やがて閉経を迎えることになります。

閉経を迎える年齢は、日本人の平均で50歳前後といわれており、その前後10年間が更年期ということになります。

更年期では、視床下部からのエストロゲンの分泌を命令しますが、卵巣機能の低下により、安定したエストロゲンが分泌されません。

エストロゲンの分泌が足りないため、再度、視床下部からエストロゲンの分泌を命令しますが、卵巣の機能が低下しているので、結果は変わりません。

この繰り返しが、自律神経である視床下部の乱れにつながり、ホルモンバランスが崩れ、肩こりや、めまい、イライラ。そして、抜け毛へとつながります。

これが更年期障害と呼ばれるものになります。

加齢による、エストロゲン分泌の減少や、更年期障害は、体の構造において仕方のないことではありますが、生活習慣などを見直し、アンチエイジングを行うことで、薄毛・抜け毛への対策につながります。

加齢による抜け毛の効果的な対策

加齢による薄毛・抜け毛の対策にはやはり、生活習慣を見直すことが最も効果的な対策になります。

いつまでも若々しくいられるよう、下記3点を意識してみてください。

  • 運動
  • 睡眠
  • 食事

これらの生活習慣を見直すことが、アンチエイジングにつながり、加齢による薄毛・抜け毛の対策になります。

運動で血行を促進し毛根細胞を活性化

抜け毛の原因は、エストロゲン分泌の減少だけではなく、頭皮の血行不良もその一つで、運動不足になると、筋肉が低下し、全身の血行不良を引き起こしてしまいます。

全身の血行不良、ひいては頭皮の血行不良につながり、抜け毛の原因になります。

ストレッチで筋肉をほぐす

いきなり激しい運動をする必要はありません。

ストレッチで凝り固まった筋肉をほぐすだけでも、血行促進につながります。

ウォーキングで気分もリフレッシュ

通勤している方は、遠回りをして帰ってみたり、エレベーターではなく、階段を使うだけで、十分な運動になります。

自宅で仕事をしている方は、気分転換に15分だけでも外に出てウォーキングしてみてください。

外に出るだけで、気分がリフレッシュされ、仕事も集中できるでしょう。

自分に合った適度な運動でも血行促進につながり、毛根細胞が活性化されますので、無理せずに楽しく続けられるよう、心がけてみてはいかがでしょうか。

睡眠により成長ホルモンを分泌

成長ホルモンは、タンパク質の合成を促進する作用があり、体の修復機能を果たします。

髪の毛の90%以上はタンパク質でできているので、タンパク質の合成を促す成長ホルモンの分泌は、髪の毛の栄養を補う上で重要な役割になります。

この成長ホルモンが最も分泌されるのが睡眠中、ということになります。

睡眠中は深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返しており、深い眠りの時に成長ホルモンが多く分泌されます。

効果的に成長ホルモンを分泌するには、質の良い睡眠が必要です。

入浴で心も体もリラックス

入浴することで、質の良い睡眠へのリラックス効果が期待されます。

大切なことは熱いお風呂ではなく、38℃のぬるま湯に15分程度つかることです。

なお、深部体温が低くなることで、眠くなる性質にありますので、入浴直後は深部体温が上がり、眠りにつきにくくなります。

最低でも布団に入る1時間前までには入浴を済ませるようにしましょう。

パソコンやスマホのブルーライトを避ける

パソコンやスマホのブルーライトなどの強い光は、交感神経を刺激することになり、眠りにつくのに影響を及ぼしてしまいます。

就寝前は、スマホや、パソコンなどは控えましょう。

食事管理で髪の毛に栄養補給

栄養バランスの崩れた、偏った食事は、頭皮や髪の毛の栄養補給ができませんので、抜け毛の原因になります。

食の乱れは髪の乱れになりますので、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

抜け毛の対策に効果的なのは、タンパク質、亜鉛、ビタミンになります。

タンパク質で髪の毛にしっかり栄養を

先ほども紹介しましたが、髪の毛の90%以上はタンパク質でできていますので、タンパク質を取り入れ、髪の毛に栄養を与えることで、抜け毛予防に効果的です。

タンパク質でおすすめの食材をまとめます。

  • 納豆
  • 鶏ささみ
  • いくら
  • パルメザンチーズ

亜鉛でタンパク質を合成

タンパク質を合成するのに欠かせないのが、亜鉛になります。

亜鉛が不足するれば、タンパク質の合成が不十分になり、頭皮や髪の毛に効率よく栄養が行き届きませんので、抜け毛につながります。

亜鉛でおすすめの食材をまとめます。

  • 牡蠣
  • ココア
  • パプリカ

ビタミン不足も抜け毛の原因に

ビタミンには、頭皮の血行促進する効果があり、育毛の促進になります。

特にビオチン(ビタミンH)、ビタミンB群は髪の毛の健康、促進に直接かかわってくるので、積極的に取り入れていきたいです。

ビタミンでおすすめの食材をまとめます。

  • 牛レバー(ビオチン)
  • 鮭(ビタミンB2)
  • アセロラ(ビタミンC)
  • 緑茶(ビタミンE)

加齢による薄毛・抜け毛の対策は生活習慣を見直しアンチエイジング!

以上が加齢によるエストロゲンの分泌が減少する原因と対策になります。

年齢を重ねても、いつまでも若々しく、そして、美しくありたいですよね。

加齢による薄毛・抜け毛にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらもおすすめ!RECOMMEND