生活習慣によるエストロゲン分泌の減少

生活習慣の乱れが、エストロゲン分泌を減少させ、薄毛・抜け毛につながる一つの要因として挙げられます。

忙しい現代社会において、どうしても生活習慣が乱れてしまい、十分な睡眠が取れなかったり、仕事の関係上、お酒の席が増えてしまったりと。

それでも、生活習慣の乱れは薄毛・抜け毛につながりますので、少しづつでもいいので、改善していきたいところです。

それでは、どのような生活環境がエストロゲン分泌の減少につながるのでしょうか。

見直すべき生活習慣とは

今まで挙げてきた、加齢、出産などによるエストロゲン分泌の減少については、人間の構造上、仕方のないことです。

しかし、生活習慣については、自己管理を徹底し、見直すだけでエストロゲン分泌の減少を予防できます。

それでは、見直すべき生活習慣を見てみましょう。

  • 入浴
  • 睡眠
  • 食事
  • 飲酒
  • タバコ

これらを見直すことで、エストロゲン分泌の減少を予防し、薄毛・抜け毛の対策になります。

入浴で体を温め、卵巣機能の低下を防ごう

体が冷えているという状態は、血行が促進されていない証拠です。

血行が悪くなると、卵巣機能が低下してしまいます。

加齢によるエストロゲン分泌の減少

こちらの記事で記載しましたが、エストロゲンは卵巣から分泌されます。

卵巣の機能が低下することで、安定したエストロゲン分泌がされませんので、薄毛・抜け毛につながります。

その対策として、体を温め、全身の血行をよくする必要があります。

忙しく、シャワーだけで済ましてしまう気持ちもわかりますが、できるだけ湯船につかって、全身の血行を促進するようにしましょう。

良質な睡眠がエストロゲン分泌の秘訣

エストロゲンが分泌される状況は様々ありますが、睡眠中にもエストロゲンが分泌されます。

睡眠はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しています。

特にノンレム睡眠の時に最もエストロゲンが分泌されるため、睡眠不足はエストロゲンの分泌が減少してしまい、お肌にもよくないし、薄毛・抜け毛につながってしまいます。

しかし、忙しいとどうしても就寝時間の確保が難しいですよね。

睡眠時間が取れないのであれば、睡眠の質を上げるようにしましょう。

睡眠の質を上げるためには、深部体温を下げる必要があります。

人間の体は、深部体温が上がると、深部体温を下げよとする機能が働きます。

したがって、入浴で深部体温を上げることが重要です。

深部体温が上がった状態では眠たくならないので、最低でも就寝の1時間前までには入浴を終えましょう。

そうすることで、就寝時には深部体温が下がり、熟睡することができます。

またスマホやパソコンなどのブルーライトも交感神経を刺激してしまい、深い眠りに影響を与えてしまうので、就寝前は控えましょう。

偏った食生活は髪にも栄養が行き届かない

食事バランスは体だけではなく、髪の毛の栄養にも関わってくるため、薄毛・抜け毛につながります。

髪の毛の栄養に欠かせないのはタンパク質です。

タンパク質の合成を促すのが亜鉛。

ビタミン不足も薄毛・抜け毛の敵です。

したがって、タンパク質、亜鉛、ビタミンの摂取は髪の毛の栄養につながります。

無理なダイエットで食事制限をせず、バランスよく3食とるように心がけましょう。

加齢によるエストロゲン分泌の減少

食事管理に関しても、こちらの記事が参考になります。

アルコール過剰摂取は薄毛・抜け毛だけでなく卵巣に影響も

お酒は適度に楽しむのであれば問題ありません。

ついつい飲みすぎてしまったり、深酒になってしまう方は注意が必要です。

飲みすぎは、月経異常につながり、卵巣機能に影響を及ぼします。

卵巣機能の低下は、エストロゲンが適当量分泌されないため、おのずと薄毛・抜け毛につながります。

それだけではなく、お酒による卵巣機能の影響は、流産のリスクも高まりますので、お酒はほどほどにしましょう。

タバコにより脳のパフォーマンス低下

タバコは百害あって一利なしとはよく言われたもので、肺がんや、心筋梗塞の可能性を高めたり、健康に影響を及ぼします。

健康面だけにはとどまらず、タバコを吸ったことにより、血液中にニコチンが混じり、その血液が脳へと送られてしまいます。

その結果、脳のパフォーマンス低下につながってしまいます。

エストロゲンの分泌は、脳の視床下部で管理されており、視床下部からエストロゲンの分泌を命令しますので、脳のパフォーマンス低下によって、エストロゲン分泌の命令にも支障をきたします。

その結果、エストロゲン分泌の減少につながり、薄毛・抜け毛の原因になってしまいます。

タバコをやめるのは難しいとは思いますが、ニコチンパッチや禁煙外来などを利用してやめたほうがいいでしょう。

生活習慣による薄毛・抜け毛の対策は自己管理の徹底!

生活習慣によるエストロゲンの減少の原因と対策をまとめました。

生活習慣の見直しは自己管理を徹底させるだけです。

忙しい現代社会ではそれが難しいと嘆いてしまうのもうなずけますが、少しづつでいいので、生活環境を見直してみましょう。

こちらもおすすめ!RECOMMEND