HARG療法とは毛根細胞をよみがえさせる治療法

成長因子を含む成分を頭皮に直接注入することで発毛・育毛を促す治療法であるHARG療法。

HARG療法にはどのような特徴があるのでしょうか。

また、メリット・デメリットも詳しく解説していきます。

HARG療法の特徴

毛母細胞が細胞分裂することにより、髪の毛が生成されますので、毛母細胞機能の低下が薄毛の原因の一つとして挙げられます。

HARG療法とは、幹細胞から抽出したタンパク質AAPEを頭皮に直接注入し、毛母細胞を活性化させる治療方であり、女性特有の抜け毛・薄毛の原因にも対応した治療法になります。

そんな、HARG療法の特徴を見ていきましょう。

成長因子を含む成分を直接頭皮に注入し発毛を促す

HARG療法で使用されるカクテルは、幹細胞から抽出される成長因子を含むたんぱく質を主成分としています。

このカクテルを頭皮に直接注入することで、毛母細胞機能を活性化させ、育毛を促します。

また、幹細胞から抽出されるたんぱく質をガンマ線による滅菌が施され、抗原性を除去しているため、アレルギー反応のリスクも軽減されます。

女性の抜け毛・薄毛の原因にもフォーカス

一般的なAGA治療で使用されるプロペシアなどは、男性に特化した治療になるため、女性には効果がなかったり、副作用のリスクもありました。

しかし、HARG療法は女性でも安全に薄毛治療をすることが可能です。

月1回程度の治療で済む

薄毛治療をする場合、月に3回も4回も通院する必要がありますが、HARG療法では月に1回程度の治療で済みますので、忙しい女性にとっては非常に助かります。

HARG療法のメリット・デメリット

HARGカクテルを直接頭皮に注入することで、毛母細胞を活性化させ育毛を促すHARG療法ですが、メリット・デメリットも存在しますので、しっかりとおさえておきましょう。

HARG療法のメリット

頭皮に注入するHARGカクテルは、幹細胞から抽出される成長因子を含むたんぱく質を主成分としており、ガンマ線による滅菌が施され、抗原性を除去しているため、アレルギー反応のリスクを抑えた薄毛治療が可能です。

一般的なAGA治療では男性にしか効果が発揮されない成分などもありますが、HARG療法は女性でも安心して治療を受けることができます。

また、月に1回程度の治療で済むため、忙しい女性でも治療に専念しやすいのが特徴です。

HARG療法のデメリット

直接頭皮にHARGカクテルを注入するので、個人差はありますが、我慢できないほどではないものの、痛みを伴う場合があります。

しかし、水光HARG療法と呼ばれる水光注射器での治療の場合は、痛みはほとんど感じないとの声が多かったです。

また、水光注射器を採用することで、頭皮内に均一な深さ、均一な量を注入する事が可能になるため、薬剤のロスが格段に少なくなり、効率的にHARGカクテルを注入することができます。

したがって、水光HARG療法を採用している治療院をおすすめします。

水光HARG療法を受けられる薄毛治療院

エルクリニック

銀座院、新宿院と2院展開しているエルクリニック。
DNA検査によって、患者様一人ひとりの薄毛・抜け毛の原因を追求することにより、それぞれにあった治療方針を決定する薄毛治療専門外来になります。
エルクリニックでは、HARG療法を採用しており、成長因子を含む成分を頭皮に直接注入することで発毛・育毛を促します。

  • 一人ひとりの原因を追求し、それぞれにあった治療方針を決定
  • 水光HARG療法/ヴィーナスHARGで成長因子を頭皮に直接注入し発毛・育毛を促す
  • できるだけムダを省くことにより、コストが抑えられている
  • 日々の頭皮のケア方法、シャンプーの選び方なども相談に乗ってくれる
カウンセリング

記載なし

初診

記載なし

血液検査

記載なし

銀座エルクリニック

クリニック名 銀座エルクリニック
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座5-5-1 マツモトキヨシ銀座5thビル4階
Googleマップで見る
アクセス 東京メトロ「銀座駅」B5出口 徒歩0分
電話番号 0120-153-912
診療時間 12時~19時(最終受付18時半)
休診日 日曜・月曜

新宿エルクリニック

クリニック名 新宿エルクリニック
住所 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-10-4 新宿CRビル9F
Googleマップで見る
アクセス ・新宿ルミネより徒歩3分
・JR新宿駅南口より徒歩5分
電話番号 0120-590-276
診療時間 12時~19時(最終受付18時半)
休診日 無休

こちらもおすすめ!RECOMMEND